星野立子賞 Tatsuko Hoshino Award

女流俳人の先駆的存在として
今なお多くの俳人から愛される星野立子。

今後の俳句界の女流俳人の活性化と資質向上、
若手人材の育成を目指し、作品を募集いたします。

星野立子(たつこ 1903-1984/昭和時代の俳人)

明治36年11月15日生まれ。高浜虚子の次女。東京女子大高等学部卒。 父・高浜虚子に師事し、昭和5年、初の女性主宰誌『玉藻(たまも)』を創刊。 女性俳人では同時期に活躍した橋本多佳子・三橋鷹女・中村汀女とともに四Tと称された。朝日俳壇選者をはじめ、『主婦の友』『婦人公論』などの選句を担当し、俳句初心者の勧誘や婦人俳句の飛躍に大きく貢献したと評される。昭和50年、勲四等宝冠章受章。 句集「立子句集」「笹目(ささめ)」などのほか、随筆集も多い。昭和59年3月3日死去。80歳。

過去の受賞

受賞句集

第9回
星野立子賞

応募条件 女性に限る。
令和元年12月~令和2年11月までに刊行した句集より審査。
受賞対象 1名(女性)
応募方法 郵便番号、住所、氏名(俳号)、年齢、電話番号、
句集タイトル、及び出版社名を明記し、句集を添えて下記までご郵送下さい。
賞金 100万円(賞状・記念品)
選者 小澤實、黒田杏子、西村和子、星野椿、宮坂静生
応募条件 20歳以上50歳未満(応募締切時)
令和2年11月までに創作した未発表の50句を投句により審査。
受賞対象 2名(男性1名・女性1名)
応募方法 こちらの応募フォームからご応募下さい。
賞金 各30万円(賞状・記念品)
選者 岸本尚毅、中西夕紀、星野高士
応募はこちらから

第9回
星野立子
新人賞

応募締切・発表

応募締切 令和2年11月30日(月)
お問い合わせ 「星野立子賞」事務局
〒248-0002 鎌倉市二階堂231-1
TEL 0467-22-9676 / FAX 0476-61-2631
メールアドレス : tatsukosho@haiku.name
結果発表 令和3年角川『俳句』3月号
表彰式・祝賀会 令和3年3月27日(土)